アメブロから出版する方法

アメブロの書籍化を目指す人のための準備やブログ運営のポイント、編集者にオファーされる方法を紹介

アメブロを開設する

出版を目指すのにブログに写真は必要か?

投稿日:

一般の方を読者ターゲットにしてビジネスブログを運営されているのであれば、顔写真を出すことで印象に残りますし、信用もされます。

ただ、ブログから出版を目指すということであれば、話しは違います。

実際に、顔出しNGでイラストを使っている青山華子さんに出版のオファーを出しました。

つまり、出版の場合、ブログのコンテンツに信用を担保できるだけのものがありますので、写真はなくてもオファーできるのです。

逆に、どんなにキレイな写真を出していても、ブログのコンテンツで信用を担保できなければ、オファーはされないでしょう。

 

ブログに限らず、出版企画書もそうですが、著者プロフィールに写真を貼って損することはあっても、得することはほとんどありません。

とくに男性の場合、「この人が書くんだぁ〜」レベル。 つまり、写真の効果はまったくありません。

逆に、写真があまりにも変な場合、どんなに企画が良かったとしても、それで落とす ことはあるそうです。

写真を貼るなら、ちゃんとカメラマンさんに撮ってもらうべきだと思います。 少なくとも、スナップ写真は厳禁です。

 

で、女性の場合に重要なのは、やはり“容姿”。 この容姿というのは、カワイイとかキレイというわけでも、担当者の好みかどうかと いうわけでもありません。

出版社が重要視するのは、“表紙”や“帯”で使って売上に効果を発揮するかどうかです。

ただ、たとえ“表紙”や“帯”で使えるといっても、100点満点中80点の企画書が85点に なるぐらいだそうです。

もちろん、男性同様に写真があまりにも変だと、それで落ちることもあります。

 

ただ、ブログの読者ターゲットは出版社の編集者だけではないはずですですよね。

だとすれば、写真は出したほうがよいかもしれません。

その場合、しっかりとカメラマンに撮影してもらい、自分キャラが表現できるよう な写真を撮ってもらいましょう。

できることなら、カメラ目線のナルシスト写真は避けてください。

 

あと、私の経験則でいうと、実物より写真うつりが悪いと、間違いなく会ったときの 印象が良くなりますね。

 

Ad

Ad

-アメブロを開設する

執筆者:

関連記事

読ませるブログデザイン

ブログ自体の話しです。 一番最初に、どういうブログを作るかから考えてみましょう。   今回のブログの目的のひとつは、出版社の編集者に見つけてもらうことにあります。 つまり、出版社の編集者とい …

開設するまえに決めておく、ID、ニックネーム、顔写真について

アメブロで出版を目指すとなると、複数のソーシャルメディアを運営することになります。 そのときに必ず、ID、ニックネーム、顔写真は統一してください。 これは、読者の方に覚えられやすい、見つけられやすいと …

ブログのタイトルを考えよう

アメブロを開設したら、まずはブログタイトルを考えましょう。 あなたのブログは、すでに読者ターゲットも内容(テーマと切り口)も決まっている ので、あなたが設定した読者ターゲットが“読みたい! ”と思って …

設置した方がいいサイドメニュー

ブログのデザインは、本岡毬穂さんと中嶋茂夫さんの『アメブロをカスタマイズ  魅せるブログデザインを作ろう!』をベースにデザインしてくださいと書いた以上、ブログは「3カラム・左右メニュー」になっていると …

ブログのニックネームを考えよう

ブログタイトルが決まったら、次はニックネームです。 先ほど考えたブログタイトルのブログを運営する人だということを意識して考えてみてください。   ニックネームで重要なのは、ちゃんとした人の名 …