アメブロから出版する方法

アメブロの書籍化を目指す人のための準備やブログ運営のポイント、編集者にオファーされる方法を紹介

初級:アメブロ

まずはキーワードを意識して50記事書いてみる

投稿日:2013年7月4日 更新日:

では最初に、自分が書くと決めたテーマと切り口で50記事を書いてみましょう。

できるだけ、検索するときに使われるであろうキーワードを意識してください。

 

見出しや本文には、そのキーワードを盛り込み、できるだけ代名詞は使わないように するのがポイントです。

 

先に50記事を書いておく理由は2つです。

ひとつは、先に50記事を投稿しておくことで、アクセスしてきたユーザーが1回目のアクセスで一気に読めないため、「改めて読むために読者登録しておこう」という心理状態を誘発します。

もうひとつは、最初に50記事ぐらいはないと、アクセス解析でデータが取れないと いうことです。

アクセス解析のデータがないと、SEO対策を施しようがありませんからね。

 

右向き三角150記事でスタートすると有利な理由

●最初から50記事以上でスタート

  • 良質な記事がたくさんあれ ば、「読者登録して改めて読 もう」と思ってもらえる
  • アクセス解析で最低限のデー タが得られ、SEO対策に活用 できる

 

●1記事でスタート

  • 簡単に読み終わってしまい、 読者登録するまでもないと思 われてしまう。再アクセスされにくい。
  • アクセス解析で十分なデータ が得られないので、SEO対策 の施しようがない。

Ad

Ad

-初級:アメブロ

執筆者:

関連記事

記事を書く際の注意点

出版を目指すブログであるなら、コンテンツの商品価値がものをいいます。 普段のブログではあまり意識していないかもしれませんが、出版を目指すのであれば、 以下のことには注意してください。   ● …

コメントへの対応

アメブロは、読者とのコミュニケーションがとりやすいのが最大の魅力です。 そして、読者とのコミュニケーションをとるためには、コメントの活用が必要不可欠となります。   まずは、コメントの設定で …

投稿する記事のタイプ

記事の内容についてです。 ブログの記事にはいろいろなタイプがありますので、記事のタイプに合わせた目的と その使い分けについて紹介します。   ●コンテンツ記事 コンテンツ記事の場合、読者ター …

アクセス解析を見て記事タイトルをメンテナンス

最初に一気に記事を投稿したら、そこから先は、新規の記事を書きながら、過去記事も最適化していくようにしてください。 最適化というのは、SEO対策を施すことを意味しますが、ここでは記事タイトルの訂正を意味 …

参加したセミナーやイベントは必ず記事にする

ブログで知り合っても、最終的にはリアルで会わないと、なかなか人間関係は生まれません。 パワーブロガーの青山華子さんが提唱されている『デジタルイン⇒アナログアウト』 というのが、まさにそういうことを意味 …