アメブロから出版する方法

アメブロの書籍化を目指す人のための準備やブログ運営のポイント、編集者にオファーされる方法を紹介

初級:アメブロ

投稿する記事のタイプ

投稿日:2013年7月4日 更新日:

記事の内容についてです。

ブログの記事にはいろいろなタイプがありますので、記事のタイプに合わせた目的と その使い分けについて紹介します。

 

●コンテンツ記事

コンテンツ記事の場合、読者ターゲットは出版社の編集者とあなたのファン候補です。

編集者には「これは売れる」「これは面白い」と思われなければなりませんし、あなたのファン候補には「ためになる」「もっと読みたい」と思わせる必要があります。

それだけに、記事に書くコンテンツに出し惜しみはせずに、本気で取り組んでくださ い。

このコンテンツ記事こそが、出版を目指すうえで一番の肝になります。

そして、記事ごとにSEO対策を施して、検索エンジンからどんどん新規のアクセスを 誘導してください。

また、検索エンジンからアクセスを誘導する以上、その記事がいつアクセスされるか わかりませんので、できるだけ時事ネタは織り込まないようにしましょう。

 

●実績・事例、優位性・差別化、質問・トラブルシューティング記事

実績・事例、優位性・差別化、質問・トラブルシューティング記事の場合、読者ター ゲットはあなたのファン候補です。

あなたの志や姿勢を見せることで、「応援したい」「関わりたい」と思ってもらえるようにしましょう。

そうすることで、あなたのファン候補からあなたのファンになってもらえるはずです。

 

●告知・紹介記事

告知・紹介記事の場合、読者ターゲットはあなたのファン候補と応援者です。

ファン候補には、自分が参加するセミナーやイベントを告知して、少しでもリアルで会う機会を増やしましょう。

応援者には、出版された暁には応援してもらうためにも、常日頃から紹介したり、告 知の手伝いをするようにしてください。

 

以上です。

 

基本的な考え方は、コンテンツ記事で検索エンジンから新規のアクセスを誘導し、他の記事でブログに定着してもらい、リピーターになってもらうイメージです。

通常の記事とアメンバー記事については、別記事で書きます。

 

Ad

Ad

-初級:アメブロ

執筆者:

関連記事

まずはキーワードを意識して50記事書いてみる

では最初に、自分が書くと決めたテーマと切り口で50記事を書いてみましょう。 できるだけ、検索するときに使われるであろうキーワードを意識してください。   見出しや本文には、そのキーワードを盛 …

アクセス解析を見て記事タイトルをメンテナンス

最初に一気に記事を投稿したら、そこから先は、新規の記事を書きながら、過去記事も最適化していくようにしてください。 最適化というのは、SEO対策を施すことを意味しますが、ここでは記事タイトルの訂正を意味 …

記事を投稿する時間も調査しよう

アメブロには、あらかじめ時間を指定して投稿できる予約投稿と記事を書いた時点で投稿するリアルタイム投稿があります。   アメブロの場合、記事を更新するとアクセス数が増えます。 それは、記事を更 …

参加したセミナーやイベントは必ず記事にする

ブログで知り合っても、最終的にはリアルで会わないと、なかなか人間関係は生まれません。 パワーブロガーの青山華子さんが提唱されている『デジタルイン⇒アナログアウト』 というのが、まさにそういうことを意味 …

記事を書く際の注意点

出版を目指すブログであるなら、コンテンツの商品価値がものをいいます。 普段のブログではあまり意識していないかもしれませんが、出版を目指すのであれば、 以下のことには注意してください。   ● …