編集プロダクション ムック

About

*

情報商材の販売

あなたのブログがAmeba人気ブログランキングで月間総合ランキング3000位をクリアしたら、ブログの記事をもっと詳細にまとめて、情報商材の販売を検討してみましょ う。

情報商材とは、PDF形式などの電子書籍にして販売する、個人でも参入できる電子出版事業です。

インフォカートのようなASPに登録して販売します。

 

ブログの人気記事ランキングやアクセス解析、メッセージ、コメントから、ニーズ調 査やリサーチをおこないます。

  • どういうノウハウを知りたいのか?
  • どんな悩みを解決したいのか?

 

有料で売れる商品は、ブログによって違います。

あなたのブログだから売れる!という商品やコンテンツを見つけてください。

情報商材を販売することで、あなたが運営しているブログのコンテンツの情報価値がわかるはずです。

 

出版を目指すのであれば、その価値を確認することと、あなたの書籍にもお金を出して購入してくれるであろう人数も把握できます。

 

Ad

関連記事

no image

アメンバー申請をされるようになろう

アメンバー記事は、投稿した記事を承認した読者しか公開しない機能です。 ...

記事を読む

新着記事

no image

出版を目指すのにブログに写真は必要か?

一般の方を読者ターゲットにしてビジネスブログを運営されているのであれば...

記事を読む

no image

ブログのニックネームを考えよう

ブログタイトルが決まったら、次はニックネームです。 先ほど考えた...

記事を読む

no image

ブログのタイトルを考えよう

アメブロを開設したら、まずはブログタイトルを考えましょう。 あな...

記事を読む

no image

開設するまえに決めておく、ID、ニックネーム、顔写真について

アメブロで出版を目指すとなると、複数のソーシャルメディアを運営すること...

記事を読む

no image

出版するために必要なファン作りの仕組み作りと数値的な目標

ブログやルームが完成したら、あとはアクセスをどんどん誘導するだけなので...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版を目指すのにブログに写真は必要か?
    • 一般の方を読者ターゲットにしてビジネスブログを運営されているのであれば、顔写真を出すことで印象に残りますし、信用もされます。 ただ、ブログから出版を目指すということであれば、話しは違います。 実際に、顔出しNGでイラストを使っている青山華子さんに出版のオファーを出しました。 つまり、出版の場合、ブログのコンテンツに信用を担保できるだけのものがありますので、写真はなくてもオファーで...
    • ブログのタイトルを考えよう
    • アメブロを開設したら、まずはブログタイトルを考えましょう。 あなたのブログは、すでに読者ターゲットも内容(テーマと切り口)も決まっている ので、あなたが設定した読者ターゲットが“読みたい! ”と思ってクリックしてもらう ためには、ブログの内容が一瞬でわかるようにする必要があります。 そして、そのうえでブログタイトルを考えるのに重要な2つのポイントがあります。   ■Yaho...
    • ブログのニックネームを考えよう
    • ブログタイトルが決まったら、次はニックネームです。 先ほど考えたブログタイトルのブログを運営する人だということを意識して考えてみてください。   ニックネームで重要なのは、ちゃんとした人の名前であることと、何をしている人かわかる肩書きが入っていることです。 たまに奇をてらったり、オシャレに英字を使用する方がいらっしゃいますが、オスス メしません。   ニックネー...
    • 出版するために必要なファン作りの仕組み作りと数値的な目標
    • ブログやルームが完成したら、あとはアクセスをどんどん誘導するだけなのですが、闇雲にアクセスを誘導しても意味がありません。 まずは、ブログにアクセスしてくれた人に再びアクセスしてもらうために、メルマガ に登録してもらう仕組みを用意しておきましょう。 メルマガは、まぐまぐなどのメルマガ配信スタンドではなく、アスメルなどを利用し て独自配信できるようにしておいてください。   ア...
    • 開設するまえに決めておく、ID、ニックネーム、顔写真について
    • アメブロで出版を目指すとなると、複数のソーシャルメディアを運営することになります。 そのときに必ず、ID、ニックネーム、顔写真は統一してください。 これは、読者の方に覚えられやすい、見つけられやすいというだけではなく、アメブ ロの読者が他のメディアで自分のことを見かけたときにキャラクターのブレがないよ うにする効果もあります。 ただし、IDに関しては早いもの勝ちなので、ありきたり...
PAGE TOP ↑